黒いソファ

マンションを買う前に確認すべきこと!

ベッド

質のいいポロシャツはカメオカに依頼してみましょう!ポロシャツのデザインも質のいいものですので、満足できることでしょう!

私たち夫婦は3年前に大阪にマンションを購入しました。アラフォーで購入したマンションなので、一生ここに住む可能性も高いのですが、幸いこのマンションを買う前にいろいろチェックや確認をしたので、このマンションを買って良かったと思うことはあっても悪いと思ったことは、今のところひとつもありません。そこで、マンションを買う前にチェックしておいて、良かったなと思うことをいくつか紹介したいと思います。まずはマンションの建っている場所の地盤です。地盤が悪いと、地震などでマンションが倒壊とまではいなかなくても、歪みなどが生じてあとあと修繕費が上がることになるかもしれません。
また、大雨が降って、洪水などが起きたときに、浸水の可能性がないかも確認すべきです。事前に地盤の善し悪しと浸水の可能性がないかをハザードマップなどをチェックすることをお勧めします。また日当りがいい、展望がいいなどで部屋を選んだ場合、隣や近隣に古い建物がないかもチェックが必要です。自分たちが住み始めて数年後に、隣が新しいマンションになる可能性もあります。
近隣に古い建物があった場合は、事前にそこに高いマンションが建たないかどうかの確認を不動産の方に確認すると安心です。高いお金を出して買うマンションですから、後悔のないように、きちんと調べてから購入するといいと思います。

修繕積立金や管理費が高い悪いマンション


悪いマンションは、とにかく室内の温度が高くなるところです。密封性が高すぎて、風通りが悪く、夏になると室内の温度が高くなってしまうのです。クーラーを付けても暑く、なかなか温度が低くならないのが困るところです。クーラーの温度もどんどん低くしなければならなく、電気代も高くなってしまうのです。でも、冬場は暖かく、そんなに暖房をつけなくても部屋が暖かいのは魅力的です。
悪いマンションは、部屋が狭いところです。リビングやキッチンは広いのに、部屋は狭いのです。寝室や子供部屋が狭く、圧迫感を感じてしまうのです。部屋が狭いと、夏場は暑くなってしまうのが困るところです。1つ1つの部屋にクーラーを設置してはつけなければならないので、更に電気代がかかってしまうことになります。
悪いマンションは、管理費がやたらと高いところです。こういったマンションは修繕積立金も高いところがあり、毎月の家賃の他に払わなければならず、とても負担がかかります。そのマンションの築年数が多ければ多いほど、修繕工事をすることも増えます。ますますその修繕積立金が高くなることもあり、更に負担がかかってしまうことになります。
なるべく最初にそういったことを調べてからマンションを選ぶことが大切です。

生活パターンが同じ入居者が多いマンション


悪いマンションというものは、出入りが激しいというところです。入居者が何度も人を呼ぶ人や、深夜でも毎日のように人を出入りさせる人が多いマンションというものは、実にストレスを溜めてしまうところです。
大阪の良いマンションなら、住んでいる入居者の生活パターンがほとんど同じということです。朝型なら朝型の人ばかりなら、深夜に人が何度も出入りしないでしょう。車がバタン、バタンと閉まることもありません。笑い声や音楽の音なども隣の部屋からしないようなマンションが良いのです。
又、何かしら問題のあるマンションというものは、入居してもすぐに出てしまうのが悪いマンションでもあります。部屋が住み難いから出てしまうのですから、そこを選んでも、やはり、住み難くて苦労するものなのです。
敷金や礼金を払ってしまってからすぐに出ては、実に負担も大きく、もったいないと思うでしょう。口コミや不動産会社にしっかりと調べてもらってから入居するのが良い方法です。
又、大阪の良いマンションは同世代の入居者が多いというところです。同世代が多ければ、それだけ活気もありますし、話も合います。生活パターンも似ていますし、子供も友達が作りやすくなります。自分で見極めるのも大切なところです。